試用期間

試用期間

試用期間とは

 

試用期間とは、労働者と会社が労働契約を締結後、会社が労働者に実際に会社で働いてもらって、労働者の能力や適性を判断する期間です。法的には留保解約権付き労働契約と言います。会社はこの期間に労働者の能力や適性を見極めて、会社が希望する条件を、労働者が満たさないと判断した場合は、会社はその労働者との労働契約を解除することができます。
もっとも、この試用期間中または試用期間終了時における労働契約の解除は、解雇です。いわゆる契約社員の労働契約期間満了による雇い止めとは異なります。
試用期間終了時の労働契約の解消は、解雇ですから、解雇を理由づける具体的な事由がなければ、その解雇は無効となります。
試用期間中または試用期間終了時の解雇は、通常の解雇と比べて若干要件が緩和されますが、それでも会社が労働者を採用するときに、試用期間終了時までに労働契約を解消する理由を明示して、その理由に該当する具体的事由がない場合は、試用期間中または試用期間終了時といえども、解雇は無効と判断されます。

 

 
トップページ 事務所概要 業務・料金案内 無料労働相談会 お問い合わせ・ご相談