退職勧奨とは

退職勧奨

退職勧奨とは

退職勧奨とは、法的には、会社が労働者に対して、労働契約を双方の合意に基づき終了することを申し入れることです。一般には法的に意味のある法律行為と考えられますが、労働者の上司などがその上司の思惑により労働者に「辞めてくれないか」といったことをいうような場合は、単にそう言ったに過ぎない事実行為だと考えられます。

 

退職勧奨を受けた労働者は、これに応じるか否か自由に選択できます。

 

通常会社が労働者に退職勧奨をする場合は、労働者がこれに応じやすくするように、退職金の上積みや、賃金の数ヶ月分を慰労金などの形で支払うこと、あるいは再就職支援などを条件に付けてきます。

 

労働者が、会社からの退職勧奨に対して、明確にこれに応じないという意思を示した場合、会社はいったんその労働者に対する退職勧奨を控える必要があります。労働者が明確に退職勧奨に応じないという意思を示しているにもかかわらず、会社が執拗にその労働者に対して退職勧奨をする場合には、その勧奨行為は退職強要だとして、労働者が会社に対して慰謝料等損害賠償を請求する原因となります。

 

 

 
トップページ 事務所概要 業務・料金案内 無料労働相談会 お問い合わせ・ご相談